<option id="597rr"><s id="597rr"><button id="597rr"></button></s></option>
<blockquote id="597rr"><ruby id="597rr"></ruby></blockquote>
<cite id="597rr"></cite>
<cite id="597rr"></cite>
<menuitem id="597rr"></menuitem>
<cite id="597rr"><span id="597rr"></span></cite>
<cite id="597rr"><video id="597rr"><var id="597rr"></var></video></cite>
<var id="597rr"><video id="597rr"></video></var>

閉じる

日経Automotive

本誌のデジタル版(HTML)

  • 日経Automotive 2019年2月号

     2019年が明けた。自動運転や電動化、MaaS(Mobility as a Service)など、いわゆる“CASE”の大波が押し寄せる。グローバルでは他社との提携関係をどう維持?発展させるかが問われる。大手自動車メーカーから?#34892;ˉ岍`カーまで、各社は顧客に何を訴求し、どこで勝負をしていくのか。日系…

  • 日経Automotive 2019年1月号

     クルマや鉄道、バ?#24037;勝嗓ⅳ槨妞毳猊鷹轔匹)`を連携させて移動の利便性を高めるサービス「MaaS(マース、Mobility as a Service)」。その普及は、自動車メーカーにとって自家用車を売って稼ぐ主力商売が瓦解?#24037;毪長趣?#24847;味?#24037;搿?#19968;方で躍進?#24037;毪韋?#33258;動運転開発で先行?#24037;毳癌`グル親会社の?#20303;?/p>

  • 日経Automotive 2018年12月号

     200年の歴史を持つプジョー(Peugeot)、120年の伝統を受?#26412;@ぐルノー(Renault)。フラン?#24037;?#33258;動車メーカーは歴史と伝統が強みだ。そのフランスメーカーが今、大きく飛躍しようとしている。資本力を駆使し、次世代の技術や新興市場を貪欲に取り込む。伝統と革新を融合し、モビリティー時代の世界制…

  • 日経Automotive 2018年11月号

     完成車検査に関?#24037;?#19981;正行為が2017年から相次いで発覚したSUBARU(スバル)が反撃に出る。生産体制の抜本的な見直しを急ぎながら、コア技術の水平対向エンジンや予防?衝突安全技術を生かし、2025年を見据えた成長を目指す。ただ、その実現にはいくつかの課題がある。“再生”に向け?#23458;?#31038;の取り組みを追う…

  • 日経Automotive 2018年10月号

     新型車開発の頂点であるチーフエンジニア(開発責任者)。社内の各部門から部品メーカーまでの組織を束ね、全ての責任を?#27744;摛?#26032;型車を開発?#24037;搿%倆`フエンジニアは、何に葛藤し、どう乗り越えているのか。日系自動車メーカーの“7人の勇士”の声から、クルマ開発現場の課題に迫る。

  • 日経Automotive 2018年9月号

     2020年代前半に、世界に先駆けて全固体リチウムイオン電池(全固体電池)の実用化を目指すトヨタ自動車―。同社は、なぜ全固体電池に狙いを定めたのか。そして、同電池の早期実用化を公言?#24037;?#32972;後には、どんな技術が隠されているのか。本誌の取材でその骨格が初めて明らかになった。2030年に向けた電気自動車(E…

  • 日経Automotive 2018年8月号

     このままでは物流?人流が止まる―。トラックやバ?#24037;?#20351;ってサービ?#24037;?#25552;供?#24037;?#26989;界から悲鳴が上がっている。Eコマース(電子商取引)の普及による宅配便の急増に運転者の不足。自動運転やコネクテッドカー(つながるクルマ)、電動化など取り組むべきテーマは多岐にわたり、商用車メーカーの負担は高まるばかりだ。1社…

  • 日経Automotive 2018年7月号

    「トヨタ1強?#24037;違膝ぅ芝轔氓?#36554;(HEV)開発。いよいよ競合各社がトヨタ越えを実現していく。先陣を切るのが、ホンダとフォルクスワーゲン(VW)だ。マツダと日産が続く。一方でトヨタは迎え撃つ。2020年代に最も増えるパワートレーンがHEVだ。その開発で優位に立つことが、成長に欠かせない。HEV戦国時代を…

  • 日経Automotive 2018年6月号

    熱可塑性CFRPが量産車のボディーに初めて本格採用された。鋼板製の部品と同等の生産性を実現したことなどで、実用化の壁を乗り越えた。製造コストをAl合金並みに下げることもできる。世界の燃費規制が厳しくなる2025年に向けて熱可塑性CFRPは、軽量化の最有力素材になりそうだ。

  • 日経Automotive 2018年5月号

    自動運転車に電気自動車(EV)、そしてシェアリングサービス。自動車業界の「CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)?#24037;?#24033;る動きは企業の株価を大きく左右し、一種の「バブル?#24037;趣玀いà?#29366;況になりつつある。過熱?#24037;?#38283;発競争の陰で、自動運転車による死亡事故も起き始…

  • 日経Automotive 2018年4月号

    電気自動車(EV)の“ 現在地” ?#21462;?行?#21462;?はどこにあるのか――。それを探るため、編集部は1台のクルマを買った。日産自動車の新型EV「リーフ?#24037;饋?#36554;両の購入費用だけで400万円を超えた。加速性能や電費、自動運転技術など、様々な項目で実車試験を実施。その後、分解して部品を詳細に分析した。量産EVが…

  • 日経Automotive 2018年3月号

    電動車両や自動運転技術の開発を加速させる自動車メーカー。その背後で力を増しているのが欧米を?#34892;膜趣工毳幞單抓楗ぅ洎`だ。日本の部品メーカーは、相対的に規模の小さいところが多い。しかも、既存のエンジン部品の需要は長期的には減少?#24037;搿?#26032;時代の勝ち組を目指す部品メーカーの取り組みを追った。

  • 日経Automotive 2018年2月号

    環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマの技術は大きく変わる。一部の国でエンジン車は廃止され、無人運転車が街を走り回る時代を展望した。

  • 日経Automotive 2018年1月号

    マツダのエンジン革命が再び始まる。世界一の圧縮比に達した現行エンジンに続き、2019年に夢の超希薄燃焼ガソリンエンジン「SKYACTIV-X?#24037;?#37327;産?#24037;搿?次エネルギーを考慮したCO2排出量で、電気自動車を上回る環境性能を狙える。さらに高級路線を目指し、低排出ガ?#24037;?#30452;列6気筒ディーゼルを?#24230;毪工?#35336;画…

  • 日経Automotive 2017年12月号

    現在、日本で市販されている自動運転機能(自動車線維持機能)の実力はどのくらいなのか―。日経Automotiveは、最新の6車種について、首都高速道路の一部を用いた公道試験?#21462;?#26085;本自動車研究所(JARI)の施設を用いた特異環境試験を実施した。トップの栄冠に輝いたのは、ドイツDaimler社「メルセデス…

  • 日経Automotive 2017年11月号

    JNCAPの「歩行者対応自動ブレーキ試験?#24037;恰?#20104;想外の結果が得られた。イスラエルMobileye社?#20301;?#20687;処理チップを使う単眼カメラの性能が、ステレオカメラなどを上回ったのだ。この結果は、「ティア1」サプライヤーをさらに揺さぶる。日本勢にとって、Mobileye社などの海外勢に対抗できる半導体技術の育…

  • 日経Automotive 2017年10月号

    新しい秩序が生まれるその前には、必ず混沌が存在?#24037;搿!?00年に一度?#24037;趣?#35328;われる大変革を起こ?#24037;韋?#33258;動運転車だ。人工知能(AI)や半導体といった“キーパーツ”を持つメーカーや、モビリティーサービ?#24037;蚰空摛?#30064;業種企業が台頭してきた。こうした状況の中で、競争力を失う危機に直面しているのがメガサプライヤ…

  • 日経Automotive 2017年9月号

    クルマの価値がハードからソフ?#21462;ⅳ餞筏匹簽`タやサービ?#24037;?#31227;行しつつある。スマホのようにアプリを追加?更新し、新たな機能やユーザー体験を提供?#24037;?#25163;法がクルマにも広がる。クラウドとの連携や人工知能(AI)を活用した自動運転など、ソフトへの対応力が自動車メーカーや部品メーカーの競争力を決める。

  • 日経Automotive 2017年8月号

    日産自動車が2018年に、可変圧縮比エンジンを量産?#24037;搿¥亭?#22810;くの研究があるが、実用化しなかった“夢の技術?#34180;%ē螗弗?#38283;発の長い歴史に名を刻む快挙だ。燃費性能と動力性能を大きく高めるのにとどまらず、電気自動車時代の新しいエンジンの姿を見据えた布石でもある。全貌を解き明かす。

  • 日経Automotive 2017年7月号

    トヨタ自動車が2003年に世界初の駐車支援機能「インテリジェントパーキングアシス?#21462;梗↖PA)を実用化して14年。他社が続々と追従し、最近では操舵に加えてブレーキやシフトの操作も支援?#24037;毪瑜Δ摔勝盲俊?#20808;進的な7車種に試乗し、自動駐車に向けた進化を追った。

合数单双中特
<option id="597rr"><s id="597rr"><button id="597rr"></button></s></option>
<blockquote id="597rr"><ruby id="597rr"></ruby></blockquote>
<cite id="597rr"></cite>
<cite id="597rr"></cite>
<menuitem id="597rr"></menuitem>
<cite id="597rr"><span id="597rr"></span></cite>
<cite id="597rr"><video id="597rr"><var id="597rr"></var></video></cite>
<var id="597rr"><video id="597rr"></video></var>
<option id="597rr"><s id="597rr"><button id="597rr"></button></s></option>
<blockquote id="597rr"><ruby id="597rr"></ruby></blockquote>
<cite id="597rr"></cite>
<cite id="597rr"></cite>
<menuitem id="597rr"></menuitem>
<cite id="597rr"><span id="597rr"></span></cite>
<cite id="597rr"><video id="597rr"><var id="597rr"></var></video></cite>
<var id="597rr"><video id="597rr"></video></var>