今回の建設IT注目情報 ~システムハウス福知山「AR_CAD」~

 表計算ソフトやプレゼンテーションソフトは、今やビジネスパーソンの必需品です。ちょっとしたイラストや説明図も、これらのソフトで描いてしまう人も多いでしょう。

 そんな人にお薦めなのが、「AR_CAD?#24037;扦埂?#31777;単な図形を描いたり、グラデーションをかけて塗りつぶしたり、いろいろなファイル形式の画像を張り付けたり?#21462;?#34920;計算ソフトの感覚で気軽に使えます。

 さらに本格的な図面作成にも対応しており、対応?#24037;隒ADファイル形式はJw_cadのJWW形式やAutoCADのDWG、DXF形式のほか国土交通省の電子納品に使われているSXF形式(p21、sfc)などがあります。

 では、いったいいくらなのかという?#21462;?/p>

?#30465;ⅴ省ⅴ省ⅴ省ⅴ圣螗取?

 
無料

 

なのです。

 ポスターや企画書作りから、本格的な図面まで作成できま?#24037;韋恰ⅴ靴漸償螭?本入れておくと便利に使えそうです。「AR_CAD MANIA?#24037;趣いΕ榨%伐慳毳單ぅ趣?#35504;でもダウンロードできま?#24037;韋恰ⅳ?#35430;しください。

お絵かきソフトとしても、本格的なCADとしても使えるフリーの2次元CAD「AR_CAD」(資料:システムハウス福知山)

AR_CADのオフィシャルサイ?#21462;窤R_CAD MANIA」(資料:システムハウス福知山)

 さて、これだけの機能を持ったCADソフトを開発し、無料で公開しているのは、いったいどんな人たちなのでしょうか。