資料の紹介

 クラウドやモバイルの利用が広く普及し、拠点間ネットワークを介して重要なデータを送受信する機会はますます増えている。通信内容を暗号化することで、インターネット経由のセキュアな通信を実現するインターネットVPN(仮想プライベートネットワーク)は、導入が容易で、コ?#25915;趣?#25233;えられることから広く使われてきた。

 しかし、オープンなネットワークを使うインターネットVPNの場合、暗号化しているとはいえ、不正アクセスによる情報漏洩のリ?#25915;?#30342;無というわけではない。加えて、通信速度がネット回線の混雑に左右されやすく、データ量が増えると遅延や不達が発生するリ?#25915;玀ⅳ搿?/p>

 本資料ではこのようなリ?#25915;?#35299;消策として、閉域網によるIP-VPNサービスについて、メニュー内容やオプションサービス、シ?#25915;匹?#27083;成、具体的な価格体系を紹介する。閉域のIPネットワークで拠点間を安全に接続し、帯域優先機能により安定した通信を可能にするという。24時間365日対応の保守サービスも提供することで、利用現場の負担を抑えつつ安定運用を支援する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。