資料の紹介

 現在、サーバールームやデータセンターではデュアルソケットのサーバーが主流となっている。しかし、配置されているサーバー内部を見る?#21462;?つあるCPUソケットの1つにしかCPUが搭載されていないケースが少なくない。また、サーバーの管理画面を見てみる?#21462;PU使用率が25~35%程度にとどまっていることも多い。

 なぜ多くの企業は、CPU搭載率も使用率も低い2ソケットサーバーをわざわざ導入しているのだろうか。それは、これまでシングルソケットサーバーと言え?#23567;窩PU性能が低いために、メモリーや?#25915;去颮`ジなどのアドレス指定能力が低い製品」にほぼ限られていたことが理由だ。十分な仮想化性能を1台のサーバーで達成しようとするユーザーは、2ソケットサーバーを買わざるを得なかった。

 本資料では、こうした無駄を排除し、あらゆる規模の企業のニーズに応えられるよう設計された高性能シングルソケットサーバー製品を紹介する。現在のデータセンターで使われている平均的なサーバーを上回る構成が可能で、使われることのないマザーボードコンポーネントを廃止、2ソケットサーバーと同程度のパフォーマンスを任意のワークロードに利用できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。