資料の紹介

 VDI(Virtual Desktop Infrastructure)は、企業における高いセキュリティと管理性を実現できるソリューションとして知られる。そして、そのVDIを実現するインフラとして注目されているのが、ハイパーコンバージド?インフラ?#25915;去楗隸?(HCI) だ。筐体を追加するだけで?#25915;去颮`ジ容量やI/O?#25915;氅`プットをリニアに拡張できるので、?#25915;猢`ル?#25915;咯`トし、ビジネスの成長に合わせて拡張していくのも容易だ。

 ただし、従来のHCIは、高可用性要件に対応するため、2CPUを前提としたデュアルプロセッサの製品が主流だった。このため、ソフトのライセン?#25915;償攻趣?#21547;めて、企業の総所有コ?#25915;齲═CO)は非常に高くついていた。

 しかし、テクノロジーの進化により、最近は1CPUのシングルプロセッサで、デュアルプロセッサの同等のパフォーマンスを発揮でき?#38555;CI製品も登場している。CPUが1つなので、仮想マシンの個別価格を27%、ソフ?#21435;Εēⅴ楗ぅ互螗工違償攻趣?#21322;分に抑えることも可能だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。