資料の紹介

 AIがECサイトのお?#24037;工?#24195;告やSNSにおける顔認識などに利用されて、より身近な存在となってきた。その発展を支えるのがディープラーニングだ。しかし、ディープラーニングに使用?#24037;毳末`ルやフレームワークは、特定のOSやハードウエアを必要としたり、使用?#24037;毳楗ぅ芝楗轆湞榨颮`ムワークのバージョンの組み合わせが厳密に合ってないと動作しないなど、調整が非常に難しい。

 ディープラーニングを快適に実行?#24037;毪郡幛摔稀?#39640;性能GPUを搭載したハードウエア、フレームワーク、ツール、ライブラリがまとめられ、エンジニアがいつでも利用できる「最適化されたマシン?#24037;?#23566;入が近道といえる。

 本資料では、ディープラーニングに必要なフレームワークやツールなどがパッケージされた専用マシンを紹介。プレイン?#25915;醛`ルされているトレーニングシ?#25915;匹啶去榨颮`ムワークを使って、ディープラーニングを実際に行った様子から、その実力を詳しく解説?#24037;搿?/p>

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービ?#24037;摔膜い啤?#36984;択や導入を支援?#24037;?#24773;報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。