デジタル化を推進?#24037;?#38555;のボ?#21435;毳庭氓摔勝毪韋?#32769;朽化した情報シ?#25915;匹唷¥膜蓼轔欹琺`シ?#25915;匹啶扦ⅳ搿?#20170;、企業はレガシーシ?#25915;匹啶?#35299;体を迫られている。レガシーシ?#25915;匹啶?#20316;り直し方や?#29992;?#26041;法、クラウド移行などのノウハウを徹底解説?#24037;搿?

 自社で構築?運用してきたレガシーシ?#25915;匹啶?#31227;行先として、クラウドを選ぶ企業が増えている。クラウドサービ?#24037;?#20449;頼性が上がる一方で、業務系、基幹系のシ?#25915;匹啶?#20351;いこな?#25915;違Ε膝Δ?#33988;積されてきたからだ。

 オンプレミス(自社所有)環境の受け皿となるだけでなく、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)など最新テクノロジーが利用できるのもクラウドのメリッ?#21462;?#39015;客とつながりを深めるSoE(System of Engagement)や、分析により気づきを得るSoI(System of Insight)領域のシ?#25915;匹?#20316;りに最適だ。

 ただし、法制度やコンプライアン?#24037;勝嗓?#21046;約で引き続きオンプレミス環境で運用したいシ?#25915;匹啶悉ⅳ搿%螗抓欹攛?#29872;境?#21435;楗Ε嗓?#20341;用?#24037;毳膝ぅ芝轔氓?#27083;成への考慮が欠かせない。

 クラウドへの移行では、どういった手法を使うかがポイントの1つ。オンプレミス環境の既存シ?#25915;匹啶?#22793;更なくクラウド移行?#24037;?#23500;士フイルム、クラウド上でシ?#25915;匹?#21047;新?#24037;毳轔氅`?#21435;匹違恁俯`ズの順に勘所を見よう。

VMwareシ?#25915;匹啶?#20024;ごと持っていく

 富士フイルムは、VMware製品をベー?#24037;?#27083;築したシ?#25915;匹啶頦餞韋蓼?#25345;ち込めるクラウドを選?#21360;?#31227;行の手間やリ?#25915;?#25233;えた。

富士フイルムはVMware環境をそのままクラウドに移行
[画像のクリックで拡大表示]

 移行対象はSAP R3などの基幹系シ?#25915;匹啶洹?#37096;門の情報系シ?#25915;匹啶饋%螗抓欹攛?#29872;境にある1300台の仮想マシン(VM)のうち、セキュリティなどを考慮し、800台をクラウドに移行?#24037;?#35336;画。2017年11月に着手し、既に500台の移行を終えた。

 移行先である「VMware on IBM Cloud?#24037;稀?#20206;想化ソフ?#21462;竀Mware vSphere?#24037;?#31649;理ツール「VMware vCenter?#24037;趣い盲縑Mware製品を、IBMがベアメタル上に用意?#24037;毳旦`ビス。そこへの移行作業は「VMテンプレートを同期したうえで、仮想マシンファイル(VMDK)をクラウドに転送?#24037;毪坤薄梗?#23500;士フイルム ホールディングス 経営企画部の柴田英樹 IT企画グループ長)と簡単だ。ネッ?#21435;鐒`ク仮想化ソフ?#21462;竀Mware NSX?#24037;蜭2延伸機能により、IPアドレ?#24037;?#22793;更?#24037;?#24517;要もない。

 2019年3月の完了を目指し、今後、SAPを使っていてサービ?#25915;欹佶毪?#39640;いシ?#25915;匹啶?#31227;行に取りかかる。クラウド移行により45%のコ?#25915;?#21066;減が図れる見込みだ。

 同社は「良質なデータを収集、分析して価?#24115;?#22793;える?#24037;?#26071;印にデジタル化を推進している。社外の医薬文献や化合物の情報などと社内データを掛け合わせて、製品やサービ?#24037;?#38761;新を狙う。「オープンソー?#24037;湞`プンデータをいかにうまく使うかが大?#23567;梗?#26612;田グループ長)と考える同社にとって、最新ITがそろうクラウドへの期待は大きい。

 医療系や個人情報のデータベー?#24037;勝嗓膝螗抓欹攛?#29872;境で運用?#24037;毪郡帷ⅴ膝ぅ芝轔氓?#27083;成にならざるを得ない。ただ、VMware製品で固めてあるので、 vCenterによる一元管理が可能だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービ?#24037;摔膜い啤?#36984;択や導入を支援?#24037;?#24773;報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。