デジタル化を推進?#24037;?#38555;のボ?#21435;毳庭氓摔勝毪韋?#32769;朽化した情報シ?#25915;匹唷¥膜蓼轔欹琺`シ?#25915;匹啶扦ⅳ搿?#20170;、企業はレガシーシ?#25915;匹啶?#35299;体を迫られている。レガシーシ?#25915;匹啶?#20316;り直し方や延命方法、クラウド移行などのノウハウを徹底解説?#24037;搿?

 ビジネ?#24037;?#26989;務のデジタル化に取り組む企業が増えるなか、従来のレガシーシ?#25915;匹啶?#35506;題が健在化してきた。モノリシック(一枚岩)に作られたレガシーシ?#25915;匹啶扦稀ⅳ瀝紺盲趣筏?#22793;更にも大きな手間がかかり、デジタル化で求められる?#25915;冤`ドが出せないのだ。

 レガシーシ?#25915;匹啶頦Δ蓼?#35299;体し、既存のデータやロジックなどを生か?#24037;郡幛巍?#35299;体シナリオ?#24037;?#27096;々ある。レガシーの利用目的に合わせて選ばなけれ?#23567;?#25163;間?#21435;償攻趣肖轆丹唷¥蓼氦?#29694;行シ?#25915;匹啶?#25163;を入れるかどうか判断が必要だ。そのうえで、レガシーに手を入れない場合は既存の機能をそのまま使うかどうか、手を入れる場合はビジネ?#25915;恁弗氓頦餞韋蓼?#20351;うかどうかを検討し、解体シナリオを見極める。

レガシーの活用手法を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 モダナイズなどでシ?#25915;匹?#20840;体を作り直す場合、シ?#25915;匹啶?#35215;模や改修度合いによるが、億円単位の大掛かりなプロジェクトになる。

 一方、既存の業務ロジックをAPI経由で流用したり、データを連携したり?#24037;毪坤堡勝欏?#26082;存シ?#25915;匹啶丐?#24433;響は少ない。連携の仕組みを既存シ?#25915;匹啶?#22806;側に作れば済むし、「z/OS Connectを使え?#23567;BMメインフレームで稼働?#24037;毳攛喪毳Εēⅳ勝嗓?#31777;単にAPI連携できる」(日本IBM グローバル?ビジネス?サービス事業本部の二上哲也CTO)というように、連携ツールも使える。

 既存シ?#25915;匹啶?#20316;り直す手法は、リライトやリビルドが代表的だ。前者は業務ロジックはそのままにソー?#25915;暢`ドを書き換える。後者は業務やロジックなどを見直して再構築?#24037;毪韋恰?#35201;件定義などの難易度が高い。レガシーマイグレーションを手掛けるシ?#25915;匹啷?ソリューション開発グループの中本周志氏は「開発した人がいなくなって、どうしてこういう作り方をしたか分からないという状況でも、現行と同じ機能を担保した新シ?#25915;匹啶?#20316;れる?#24037;去轔楗ぅ趣違幞轔氓趣?#35441;す。

 ここでは、作り直しの現実解といえるリライト手法を見ていこう。

「新旧一致?#24037;?#30446;指?#25915;轔楗ぅ?/h4>

 リライトの一般的な作業工程を以下に示した。まずは資産を棚卸しし、不要な機能は捨て、移行対象を絞り込む。移行性検証から移行設計にかけて、ソー?#25915;暢`ドについてはCOBOLなどで書かれた現行シ?#25915;匹啶違靴咯`ン分析などを通じ、Javaなどへの変換方法を検討。VSAM(Virtual Storage Access Method)ファイルやネッ?#21435;鐒`ク型DBといった現行シ?#25915;匹啶違簽`タ?#25915;去ⅳ稀DBMSに移行?#24037;毪郡幛違譬`ブル設計を行う。

リライトによる作り直し工程
[画像のクリックで拡大表示]

 パイロット移行で問題なしと判断したら、ソー?#25915;暢`ドの変換を行う。この作業は、ツールによる自動変換を中心に、人手で補足しながら進める。テ?#25915;趣扦稀?#29694;行シ?#25915;匹啶?#26032;シ?#25915;匹啶?#20966;理結果が同じになる「新旧一致?#24037;?#30446;指す。

 実際にリライトを活用し、メインフレームからWebシ?#25915;匹啶?#31227;行したユニチカの事例で、注意点を見よう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービ?#24037;摔膜い啤?#36984;択や導入を支援?#24037;?#24773;報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。