近く、Windows 10の「機能アップデー?#21462;工?#23455;施される。機能アップデートは毎年2回のペー?#24037;?#34892;われる大型アップデートで、次の名称は「October 2018 Update」。コード名は「Redstone 5(RS5)?#24037;饋¥瀝勝撙?#26368;新の機能アップデー?#21462;窤pril 2018 Update?#24037;違暢`ド名は「Redstone 4(RS4)?#24037;扦ⅳ搿?/p>

 ここでは、RS5における主な新機能と機能強化について見ていく。

Redstoneシリーズは今回で最後

 機能アップデートは正式な配布開始前に、「Windows Insider Program?#24037;?#21442;加者向けにプレビュー版が配布される。プレビュー版には「ビルド番号?#24037;?#20184;く。ビルド番号とは開発中に作られる評価用のバージョンである。Windows 10の場合は毎日ビルドが作られ、評価されたのち、ある程度の実用に耐えるものだけがプレビュー版として公開される。このためプレビュー版の公開は不規則で、番号も飛び飛びとなる。原稿執筆時点での最新ビルド番号は17763である。

 機能アップデートは、3年周期でシリーズが変更される。これまで、最初のバージョンを含むThresholdシリーズ?#21462;?016年からのRedstoneシリーズの2つが展開された。米マイクロソフトによれ?#23567;ⅴ伐戛`ズはWindows 10のLTSC(Long-Term Servicing Channel)エディションと連動しており、2019年には新しいシリーズに切り替わる予定だ。LTSCとは、パソコンのように頻繁にOSを更新できない専用シ?#25915;匹?#21521;けの更新サイクルである。RS5は、Redstoneシリーズの最後の機能アップデートになる。

 今回のRS5では、2017年頃から評価が続いていた「Sets」(仮称)という機能の搭載が断念された。Setsは、同じ作業に属?#24037;?#35079;数のアプリケーションウィンドウをタ?#20013;?#24335;で1つのウィンドウにまとめる機能。Windows Timelineなどと並ぶ大型機能として、プレビュー版で評価されてきた。

 このSetsが見送りとなったため、Windows Timelineなどが新たに搭載されたRS4に比べる?#21462;?#27604;較的小さなアップデートのように見えてしまう。ただし機能アップデートでは内部の改修や、従来の機能をUWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム:様々なデバイ?#24037;?#23550;応可能なアプリケーション実行環境)に合わせるといった変更が施されており、Windows 10自体の改良が小さいわけではない。

 RS5の主要な追加機能には、以下のようなものがある。

  • クラウドクリップボード
  • Your Phoneアプリケーション(同期電話アプリケーション)
  • NetAdapterCx
  • 時間精度の改良
  • メモ帳がCR-LF以外の行末記号に対応

 このほか、WebブラウザーのMicrosoft Edgeや設定アプリケーションの改良は常に実施されている。

 Windows 10は現在、新しいデザイン原則「Fluent Design?#24037;?#31227;行中で、標準搭載のアプリケーションや機能などについてもGUIの改良を進めている。ただしFluent Designへの変更は、純粋に見た目の話であるため本稿で扱わない。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービ?#24037;摔膜い啤?#36984;択や導入を支援?#24037;?#24773;報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。