スポーツをテクノロジーする

藤岡裕大選手に聞く―重すぎないバット、長めに持って新人王目前

 「バットの長さは86cmです。重さは900g、特徴は重すぎないことです。ヘッドが太かったり重かったりするものは、バテてくると振れなくなるからです。調子の悪い時に短く持つようにしてみたこともあるのですが、そういうときこそ「普通」に持つべきかなと思っています。なぜなら、調子が悪い時はスイングが小さくな…

  • ニュース解説

    ライブ中継をビデオ會議で安価に、パナソニック映像が実演

     遠隔地のライブ映像の中継を、桁違いに安価な方法で実現する。このようなデモンストレーションを、パナソニック映像が10月10~11日に東京都內で実施した。

  • AI活用のリアル 113社実態調査

    ランニングと養殖とタイヤ、大手がAIでサービス革新

     有力企業がAIによる製品やサービスの革新に挑み始めた。既存商品の限界をAIで突き破り、売り上げの拡大につなげる。アシックス、日本水産、ブリヂストンらの取り組みを探る。

  • ニュース解説

    目指せ!VR人口10億人、オキュラスが「非ゲーム」拡充に本腰

     VR(Virtual Reality)ゲーム向けヘッドマウントディスプレー(HMD)が次々と発売され、「VR元年」と稱された2016年。発売當初はこうしたVR用HMDが飛ぶように売れ、市場も成長したものの、「アーリーアダプター」と呼ばれるような人々の需要は一巡し、「現在は踴り場に來ている」(VR業…

  • ニュース解説

    スタジアムを稼げる場に パナソニックとぴあ、ウエアラブルで「チケット電子化」

     「政府が2015年時點で5.5兆円だったスポーツ市場を2025年に15兆円に拡大する目標を立てているように、スポーツ産業は大きな可能性を秘めている。しかし、このような成長を実現するには新たな事業モデルの創出が不可欠だ」

  • スポーツをテクノロジーする

    金森栄治コーチに聞く―腕を伸ばして打つのは間違い

    「人は、ボールを遠くに飛ばそうとするとき、肘を伸ばしがちになるのです。意識的に伸ばしているわけではないのですが。調子が良い時のバッターは、きちんと肘を曲げ、脇を締めて打っています。しかし、押し込んで打った時の振り切った腕の感覚が殘っているので、飛ばすには伸ばして打つのがよいと勘違いしてしまうのです」…

  • ウエアラブル新境地

    「普通の服」に化けるウエアラブル機器、東大発ベンチャーが見據える巨大市場

     echo wearのような衣服型のウエアラブル機器では、電子的機能を生み出す配線と衣服の親和性が重要となる。その配線技術を擔ったのが、変形?伸縮可能な電子回路の実用化を目指して獨自のスマートアパレル「e-skin」を開発する、東大発のスタートアップXenomaだ。

  • スポーツをテクノロジーする

    角中勝也外野手に聞く―左手に力を入れないようにバットを握る

    これまで野球用具メーカー開発擔當者への取材をもとに、バットの進化についてお伝えしましたが、今回は実際にバットを使用している千葉ロッテマリーンズのアスリートに、ご自分のバットをご持參いただき、「打撃」を軸に語っていただきます。その第1回は、首位打者を2度も獲得した、球界を代表する好打者?角中勝也外野手…

  • ニュース解説

    VRで體幹トレーニング パナソニック、乗馬型フィットネス機器をBtoB展開

     パナソニックは、胴體周りを支える腹筋や背筋など、いわゆる體幹向けのトレーニング機器「コアトレチェア」について、フィットネスクラブや介護施設などBtoB(業務用)市場をターゲットに加える。

  • ニュース解説

    KDDIがプロ野球で実証、5Gで「自由視點映像」0.5秒遅れで配信

     目の前でプレーするプロ野球選手のバットスイングを、自分の座席からは見えない角度も含めて、好きな視點でタブレット端末で見て楽しむ。しかも、プレーの1秒以內に――こんな新しい野球の観戦體験が実現した。2018年6月26日と同27日に沖縄セルラースタジアムで開催された北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフ…

  • インタビュー

    元F1レーサー中嶋悟が語る「百分の1秒の戦い」制すデータ活用

     「中嶋悟(なかじま?さとる)」と聞けば、かつてのF1レーサー時代の雄姿を思い出す読者も多いだろう。同氏は今、レーシングチーム「NAKAJIMA RACING」のオーナーとして全日本スーパーフォーミュラ選手権(SUPER FORMULA)に參戦している。2018年7月7~8日には、靜岡県の富士スピー…

  • ウエアラブル新境地

    手ぶらOKの近未來型ジムをSIXPADの會社が作れたワケ

     疲れて大変な上に時間がかかる――トレーニング?ジム通いは3日坊主の代表例の一つと言えるだろう。そんな“常識”を覆す近未來型のトレーニング?ジムが東京都渋谷區の代官山に登場した。手ぶらでOK、しかも全身の筋力トレーニングがわずか15分で完了する簡便さをうたう。

  • ウエアラブル新境地

    ウエアラブルの電気刺激で15分全身筋トレ、SIXPADの「近未來型ジム」登場

     2018年7月、東京都渋谷區のおしゃれな街、代官山に近未來型のトレーニング?ジムがオープンする。筋力トレーニングマシンを“ウエアラブル化”し、全身の筋力トレを同時に実施することで、常識破りのわずか15分でトレーニングが終わるのが売りである。鏡に寫る自分の姿に重ねてアドバイスなどのイラストを表示する…

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    ここまで來たサッカー情報戦 ドイツ代表、SAPが支える世界一のデータ活用

     2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大會の初戦でよもやの敗戦を喫したものの、連覇を目指しているサッカーのドイツ代表チーム。そのドイツ代表が、現在間違いなく世界の先端を走っているのがテクノロジーの活用である。

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    世界先端サッカースタジアムがHPに求めたITインフラ「5つの條件」

     日本を含めて世界に熱狂をもたらしている4年に1度のスポーツの祭典「サッカーW杯」(2018FIFAワールドカップ)。今回のロシア大會に參加する32カ國の登録選手736人のうち、所屬チームのリーグで最も多いのが124人のイングランドである。

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    パナソニック、スタジアムのエンタメ化に學ぶ「コトづくりの肝」

    いよいよ今日、サッカー日本代表が「2018FIFAワールドカップ ロシア」で初戦のコロンビア戦を迎える。今回は本番直前の監督交代もあり、戦前の評価は高くないが、さすがに4年に1度のW杯だけあって注目度は高い。

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    データ駆使してケガ減らす、サッカーで証明「GPSデバイス」の価値

     世界レベルのサッカー選手が一堂に會する、4年に1度のスポーツの祭典「FIFAワールドカップ(W杯)」。その舞臺裏ではいまや、選手やボールを追跡して動きをデータ化するトラッキングシステムなどさまざまな先進テクノロジーが導入され、チームの強化や選手のスキルアップなどに活用され始めている。

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    ITで高度化「サッカーW杯」の舞臺裏 、試合中にデータ分析で戦術変更も

     決勝戦ともなれば10億人以上が試合を視聴すると言われる、世界最大規模のスポーツイベント「サッカーW杯」(2018FIFAワールドカップ)のロシア大會(6月14~7月15日)が開幕した。

  • ニュース解説

    GPS使えない屋內競技「手軽に見える化」、アシックスとNTTドコモが選んだ無線技術

     競技レベルのアスリートのみならず、週末のみプレーするスポーツ愛好家にとってもスキルの向上は大きな目標である。近年、ランニングなどの屋外スポーツではGPS(全地球測位システム)などを使ったトラッキングシステムを活用して、走行距離や速度などをデータ化するサービスが一般レベルにも広まってきている。

  • ニュース解説

    ウインドサーフィンW杯、富士通IoTが克服する観戦體験「三重苦」

     2018年5月10~15日まで神奈川県の津久井浜海岸で開催される「ANAウインドサーフィンワールドカップ橫須賀大會」(主催:プロフェッショナル?ウインドサーファーズ協會(PWA))。

    from スポーツイノベイターズOnline

    スポーツイノベイターズ オンラインに行く

    合数单双中特
    <option id="597rr"><s id="597rr"><button id="597rr"></button></s></option>
    <blockquote id="597rr"><ruby id="597rr"></ruby></blockquote>
    <cite id="597rr"></cite>
    <cite id="597rr"></cite>
    <menuitem id="597rr"></menuitem>
    <cite id="597rr"><span id="597rr"></span></cite>
    <cite id="597rr"><video id="597rr"><var id="597rr"></var></video></cite>
    <var id="597rr"><video id="597rr"></video></var>
    <option id="597rr"><s id="597rr"><button id="597rr"></button></s></option>
    <blockquote id="597rr"><ruby id="597rr"></ruby></blockquote>
    <cite id="597rr"></cite>
    <cite id="597rr"></cite>
    <menuitem id="597rr"></menuitem>
    <cite id="597rr"><span id="597rr"></span></cite>
    <cite id="597rr"><video id="597rr"><var id="597rr"></var></video></cite>
    <var id="597rr"><video id="597rr"></video></var>