米Maxim Integrated社は、外形寸法が2.6mm×3.0mm×1.5mmと小さい10端子μSLICパッケージに封止した降圧型DC-DCコンバーターモジュールを4製品発売した。いずれも、PWM/PFM制御ICやMOSFET、位相補償回路、シールド付きインダクター、受動部品などを1パッケージに収めた。同社の電源製品ポートフォリオ「Himalaya?#24037;?#21547;まれる製品である。最大の特徴は、実装面積が小さいことで、「競合他社品に比べると実装面積を半分以下に削減できる」(同社)という。さらに、「シールド付きインダクターも内蔵したので、電源設計の最も難しい部分を簡素化できる。このため電源の専門知識がなくても、信頼性の高い電源回路を1日も掛からず作成できる」(同社)と主張?#24037;搿A機器や医療機器、通信機器、民生機器などの幅広い用途に適用できるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期?#24500;i者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら