新銀行の開業を表明、スマホ決済を含め新サービスへの投資を加速する。スマホの「次」を見据え音声スピーカーにも注力、トヨタ自動車とも組んだ。GAFAと競り合い、日本のネット企業として世界で存在感を発揮できるか。

(聞き手=編集長 大和田 ?#34892;ⅲ?/p>

出沢剛(いでざわ?たけし)氏
1996年早稲田大学を卒業、朝日生命保険に入社し、営業に従事。2002年にオン?ザ?エッヂ入社。07年4月に?#29575;?#26989;会社となるライブドアの社長に就任、同社の経営再建を果たす。12年1月、NHN Japan取締役に就任。13年4月のNHN Japanの商号変更に伴い、LINE取締役に就任。以後、COO(最高執行責任者)を経て15年4月より現職。
[画像のクリックで拡大表示]

2020年に銀行業に参入すると発表しました。狙いを教えてください。

 中核のコミュニケーションサービス「LINE」から地続きになったサービス開発の一環です。私たちは自社をコミュニケーションとテクノロジーの会社と定義しています。LINEのユーザーは非常にアクティブで、日本だけでもMAU(月間アクティブユーザー数)は7900万人に上ります。この資産を生かし、ユーザーに価値があるサービスを?#38750;螭筏蓼埂?/p>

銀行は既にたくさんあるし、投資もかさみますが。

(写真:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存の銀行サービスはテレビやパソコンが主流だった時代に作られたものです。スマートフォンの登場によってインターフェースがパソコン(のキーボードやマウス)から画面をタッチする方法へと変わり、新しくできるようになったことがたくさんある。なの?#31169;瘠違姍`ザーはスマホの利便性を享受できてないのではないか。これが発想の根本です。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら