?#21103;冥?#21093;が?#24037;?#26609;が蟻害でなくなっていた」「部屋を増築したら床が傾いた」。リフォーム工事はトラブルの連続だ。限られた予算や工期で、難題を解決していかなければならない。対応を誤れ?#23567;?#23621;住者の怒りに火が付き、新築時の欠陥責任まで問われかねない。施工の現場だけでなく、営業の現場でも訪問販売を巡る問題が目立ちはじめている。不測の事態に対応できる技術力?#26085;妞?#24403;な営業力。リフォームの難題を乗り越えるために必要な取り組みを追った。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

  • 遭遇確率8割の腐朽と蟻害を工程管理で乗り切る(2月1日)
  • 1カ所の窓周辺の蟻害から高リスク箇所を推定(2月6日)
  • 屋根材交換時に野地板の腐朽が発覚(2月8日)
  • 「リフォームのせいで床が傾いた?#24037;?#20027;張して提訴(2月13日)
  • 雨漏り修理に失敗して裁判に持ち込まれる(2月15日)
  • リフォームの訪問販売に厳しい判決(2月20日)
  • もう訪問販売に頼る時代は終わった(2月22日)
出典:日経ホームビルダー2018年12月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。