「ソフトウエア企業であるにも関わらず、トップに“ものづくり”のプロがいる。ウェイモには死角がない」――。

 グーグル(Google)の親会社であるアルファベット(Alphabet)傘下の自動運転開発ウェイモ(Waymo)を訪れた日系自動車関連企業のトップが、ため息をつく。面会したCEO(最高経営責任者)のジョン?クラフチック(John Krafcik)氏が、自動車工場を熟知?#24037;?#20154;物だったからだ。

 クラフチック氏は、韓国?現代自動車やトヨタ自動車などで経験を積んできた。トヨタ時代には、世界の工場を回って課題を探る業務に関わったとされる。米マサチューセッツ工科大学(MIT)で、リーン生産方式を研究した経験もある。ウェイモの弱点であるクルマの“ものづくり”の知識を補完?#24037;毪韋摔Δ盲皮膜堡?#20154;物である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間?#31995;?#37682;会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら