今回は、2018年7月に発表され、9月に発売した「HP EliteBook x360 1030 G3」をレビューする。

 HP EliteBook x360 1030 G3は、日本HPのモバイルノートである。法人向けという扱いだが、正確には「法人(ビジ?#24237;?#21521;?#20445;工趣勝盲皮?#20491;人でも問題なく購入できる。最近は法人モデルと個人モデルの違いが曖昧になってきているが、HP EliteBook x360 1030 G3は、個人が家庭で使うのにもお薦めだ。HPの個人向けモデルは派手なデザインの製品が多く、落ち着いた外観を求めるなら法人向けモデルも選択肢に入れてみるとよい。

 この製品は薄型軽量の2in1で、非常にスタイリッシュだ。実物を目にする?#21462;ⅳ蓼趣蓼轆?#33391;いデザインで、思わず欲しくなる人もいるだろう。だが残念なことに、店頭ではあまり目にすることがないので、今回は外観を含めて詳しくレビューしていく。

HP EliteBook x360 1030 G3は、スタイリッシュなモバイルノートだ
(撮影:アバンギャルド、以下同?#31119;?/div>
[画像のクリックで拡大表示]

13.3インチで1.3キロ

 HP EliteBook x360 1030 G3は、ほぼ全てが金属のボディーで非常に高級感がある。アルミの仕上げを各部で変えることでデザインにめりはりを持たせているのも特徴だ。天板や底面はつや消しで、ボディーサイドはやや光沢があり磨かれたような仕上げになっている。

 天板にはアンテナの効率を上げるためのスリットが入っていて、こちらもスマートフォンと同様の美しい仕上げがなされている。

 この機種は、ディスプレー部分を回転させることでタブレット端末として使用できる回転式の2in1で、ちょうつがいの部分にもミラー仕上げの意匠が施されているのが目を引く。ロゴやタッチパッドの?#36554;欷勝嗓狻ⅴ攛椹`のアクセントになっている。

 ちょっと気になったのが重量だ。カタログ値では1.25キロとなっているが、手元で計測したところ1.3キロを超えていた。キッチンス?#26292;`ルでの計測なので正確ではないが、カタログ値を上回っていることは間違いなさそうだ。

 ディスプレーのサイズは13.3インチなので、そう重いわけでもないし、日常的に持ち歩くのに?#37444;o理があるわけではない。だが、国内メーカーの13.3インチモデルは軽いものだと700グラム台であることを考える?#21462;ⅳ玀?#23569;し頑張ってほしかった?#20154;激Α?/p>

ボディーはアルミで質感はとても良い
[画像のクリックで拡大表示]
ちょうつがいの部分などで、ミラー仕上げのアクセントが効いている
[画像のクリックで拡大表示]
キッチンス?#26292;`ルで重さを量るとカタログ値を超えていた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリ?#26292;`ション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

?#24237;氓去鐒`ク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る