Q.システム開発業務が多忙で、先日徹夜しました。ところが日をまたいだ分を残業申請したところ、上司から「仕事の効率が悪いからだ?#24037;勝嗓?#35328;われ、事前申請していなかったこともあり、残業時間として認められませんでした。こうした状態は違法ではないのでしょうか。憤っています。

 本番稼働前のテストや改修、稼動後のフォローなど、ITの現場では徹夜での作業が発生?#24037;?#22580;合があります。最近の人手不足で、常に多くの業務を抱えているSEの方もいるようです。では、日をまたいで勤務した場合、残業時間はどうなるのでしょうか。

 まず大事なのは、事前申請のあるなしにかかわらず、会社は残業代を支払わなければなりません。労働基準法では、1日8時間を超えた労働時間分については、残業割増し25%以上を支払うよう定めています。また、22時から翌朝5時までは、残業割増し25%とともに深夜帯割増し25%も発生します。

残業は始業時刻でリセットされる

 次に押さえておきたいのは、1日は0時から24時までで?#24037;?4時を過ぎた時間も1つの勤務として扱う点です。つまり、徹夜で連続して勤務した場合、翌日の始業時刻までは当日の残業時間となり、翌日の始業時間から新たな勤務がスタートします。

 日をまたがって勤務した場合、なぜ翌日分の残業時間を翌日分として扱わないのでしょうか。これは、日々の始業開始時刻を迎える?#21462;?#27531;業時間が一旦リセットされ、新たな労働時間がカウントされるためです。

 日をまたいで勤務?#24037;?#22580;合、翌日の残業になると考えても不思議ではありません。しかし、実際は違います。日をまたいだ分は翌日分ではなく、当日分の残業として扱います。

 そもそも深夜残業を認めない質問者の会社は違法状態であり、言うまでもなく残業代を支払わなければなりません。まずは、効率うん?#36367;螭趣?#20999;り離して、これらのことをきちんと話し合ってみてはいかがでしょうか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら